パンやお菓子夢中になってる事紹介します


by noerumama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:登山( 21 )

秋も深まって

昼から晴れる天気予報だったので、近場の伊予富士へ登山
今年最後になるのかな?
ドライブの途中で見つけた今年の変
a0058478_65744.jpg
向こうに見える真っ赤な紅葉に対し、手前に写ってるのは何と桜の花
今年の異常気象の影響なんでしょうね
a0058478_72338.jpg
ここんとこご無沙汰してた伊予富士の雄姿
私の好きな山の一つです
日差しもあって暖か
a0058478_7105655.jpg
チョットわかりにくいけど、周りの山々も紅葉が進んできれいです
a0058478_7122438.jpg
伊予富士山頂愛媛の高校のワンダーフォーゲル部
の団体がいたりして、結構窮屈な山頂
おまけにガスってきて周りは何も見えないし、すごく寒くなってきました
早々に下山
a0058478_7175361.jpg

行きはあれほど晴れてて展望もよかったのに
やっぱ山は午前中が勝負ですね真っ白なガスの中を震えながら帰ります
a0058478_7511097.jpg
登山口の入り口にある一の谷館紅葉の名所なので、お客さんがいっぱい来てました
チョット、京都の風情です
[PR]
by noerumama | 2013-11-06 07:21 | 登山

やっと秋らしくなって

日曜日、雨の予定が見事外れて良いお天気ラッキー久々に山へ・・・・・
最近、日帰り登山となったら三嶺多いですね
森と水の豊富な所が大好きです
ルートは複数あるのですが、まずはお亀岩避難小屋コース、そこから西熊山経由で三嶺目指します
a0058478_11335984.jpg
水がキレイこの時期、登山道にはトリカブトがいっぱい群生して咲いてます
a0058478_11385058.jpg
根っこは猛毒だけど、花は綺麗な紫で素敵です
a0058478_11385066.jpg
そのまま持って帰って、お鍋に入れたいようなキノコ
でも、知識ないので持って帰るのやめました
もし、食べれるキノコだったら残念
a0058478_11415244.jpg
フウロ草の仲間
a0058478_11462829.jpg
お亀岩避難小屋いつ、立ち寄っても中は気持ちよく整理されてて、いかに登山者が大切にしているかよくわかります
a0058478_11513258.jpg
リンドウが熊笹の中で咲いてます秋ですね~
a0058478_11532127.jpg
三嶺の山頂に人の姿がいっぱい
a0058478_11564891.jpg
食事の後、さあどのルートで帰ろうかってことになって選んだルートは沢にそって下って行くルート
これが失敗のもとでした??
だいぶ前だけど登った事あるし、知らない登山道じゃないしで
いざ、下山開始してみたら台風18号の影響でしょうか
いたるところ道が寸断されててヤバイまあ三嶺愛好会の方達が、何とか新しいルート作って印はしてくれてますが
沢を右へ左へ渡されるし、ゴロゴロ岩は足に優しくないし、本当に悪路
何たって距離がそれる分長くなってて
a0058478_12131423.jpg
普段たいていの事は泣き言など言わないんですが、さすがに今回は・・・・・??
主人に励まされながら降りたのは、もう5時すぎ9時間近くの登山でした
下山ひどい道でわかりにくいし、辺りは薄暗くなってくるし、途中野性の鹿の群れに遭遇するし、ってことは辺りに人っ気が無いって事で、以前クマに遭遇した事が今回も危険性があるって事本当に心細い下山となりました
もう、このルートは削除です
[PR]
by noerumama | 2013-09-26 12:48 | 登山

ちょっと早い夏休み③

a0058478_1222659.jpg
お味噌汁と御飯がついて
旅館らしい和朝食です
このお食事どころも、館内の廊下もすべて畳敷き
素足で歩けて、それに畳の良い匂いがします
さて本日の行動開始心残りですが宿を後にします
車が離れるまで御見送りいただきました・・・・・良いお宿でした
兵庫県で一番高い氷ノ山登山へ、出発です
今日の天気予報、降水量30%とか
今は、曇ってますが山では絶対雨にあうでしょうね
登山口到着AM9:00
登山口駐車場は、もうすでに車でいっぱいです
a0058478_12351240.jpg
山紫陽花が綺麗です
a0058478_1237257.jpg
布滝 他にいくつか滝がありますが
木々が繁って見えにくく、唯一この滝だけよく見えます
a0058478_12413611.jpg
氷ノ山と鉢伏山の分岐
この辺りでとうとう雨降り出しました
カッパ着て、めげずに登ります
木の根っ子を貼りめぐらしたような登山道に
手こずりながら
a0058478_12454451.jpg
氷ノ山山頂あいにくの天気で
ガスって何も見えませ~ん??
どんどん登山客が増えてきたので、そのまますぐ下山することに
来た時とは別ルートで・・・・・・
このルート、ただひたすら枕木でついた階段のような登山道を下るだけだけど
あまりに長々と単調過ぎて
こういう下り程、足にきます
滑りやすいから気も張るし
思ったよりキツイ
a0058478_13143260.jpg
向かい側に見える、ハチ高原
やっと下山・・・・5時間半の登山でした
この後、テント泊予定して持参してましたが
天気がいまいちなので帰路につくことに
体、相当ダレてるので
サービスエリアで、仮眠しながらユックリ帰る事にします
温泉にきて、疲れて帰るって・・・・私達、変ですよね
[PR]
by noerumama | 2013-07-07 22:34 | 登山

今年最初の登山です

ゴールデンウィークもなか日
良いお天気ですがちょっと寒いですね
少し着込んで、今年最初の登山です
登る山は、三嶺
a0058478_6322084.jpg
a0058478_6331024.jpg
今回の登山ルートは、光石登山口からお亀岩、西熊山へて三嶺めざします
このルートは山頂近くまで水が豊富で、飲み水に困りません
途中から曇ってきて着込んできたのにちょっと寒い
a0058478_642329.jpg
お亀岩避難小屋です
お亀岩の前に建つまだ新しい山小屋で、ログハウス風でステキ
a0058478_64751100.jpg
左右上下二段の板張りになっていて、小屋の中はここにお泊まりのグループでいっぱい
a0058478_133418.jpg

小屋の入口付近にはまきをくべて暖をとれるようになってます
外にはバイオ処理のキレイなトイレも併設されてます
一度泊まってみたい山小屋です
a0058478_6552786.jpg
めざす三嶺
本当曇ってきて雨が心配になってきました
下界があまりに良いお天気だったので、雨具持ってきてません
ご飯も食べずに先を急ぎます
a0058478_65927.jpg
三嶺山頂
とうとうポツポツ・・・・・・
ゆっくり景色見る余裕なく、さおりが原経由で下山
このルートは森の中を下って行くので、少しくらいの雨なら木々が助けてくれますが
a0058478_791746.jpg
なんと、森に入ったあたりから降り出したのは、雨ではなくアラレです気温もグッと下がってきました・・・・寒い~
a0058478_7161284.jpg
下山ルート中間あたり、トチノキの巨木の群生地があります
樹齢250年のたくましい森の住人達です
とにかく何も食べずに急いで急いで・・・・・・・・7時間の登山でした
[PR]
by noerumama | 2013-05-04 07:26 | 登山

いきなりの冬山です

寒気が降りてきて、今朝は日本中寒~い
冷え込みましたね
四国剣山系の三嶺に登山予定してたので
AM6;00に自宅出発
”きっと、上は雪だね”
正解です
a0058478_19391254.jpg
南国と言われますが
冬には雪も積もります
今回は高知県ヒカリ石登山口から渓谷沿いに行くルートです
雪は積もってはいましたが普通の登山靴で十分だったし、お天気も最高でしたヨ
空の青さ見てください
a0058478_19484123.jpg

別ルートのクサリの登りからあがってくる団体さん
20人近かったですが
この人数あがってくると山頂は満杯状態
そろそろ下山しますか











a0058478_19592066.jpg
コメツツジの霧氷
本来の目的はコメツツジの紅葉を見る事でしたが
秋を通り過ぎちゃいましたネ

途中ルートを変えて下山したので道を間違えて・・・・・あせったあせった
しばらくお互いの責任のなすりつけで
夫婦の絆はどこへやら・・・でも”ルート変えようって行ったのあなたですからね”
ご本人お疲れで寝てますから今のうちに言わせてもらいました
下山はカヤハゲからさおりが原を通るルートでした本日往復7時間・・・・
私も疲れました
a0058478_20202739.jpg
雲がかかってるのが
四国第二の剣山です
[PR]
by noerumama | 2009-11-03 20:26 | 登山

連休一日は山登り

11日は最高のお天気
”こんな日は展望の良い山に登らねば”四国百名山の中から綱附森選びました
初めての山ですが本によると何でも360度の大パノラマが見えるんだそうです
楽しみ
a0058478_123379.jpg
光石登山口から入る、とてもきれいな渓谷を登って行くルートです
途中、三嶺へ行く道と綱附森へ行く道とに分かれますが
他の登山客はみんな人気の三嶺を目指すので
綱附森に行くのは私たちだけ・・・・何でだろう?
a0058478_12432978.jpg
紅葉も始まってます
もみじの赤がとってもきれい
a0058478_12481728.jpg
分岐から見る綱附森の山頂
なだらかでとてもやさしそうな山に見えたんですが、これがくせ者
ずっと続く熊笹の道は背丈ほどまで笹が伸びて道なんてわかんな~いまるで笹の海泳いで登ってる様なもの悪路
”だから、誰も登ってこないんだ~”
頂上についてわかった事は、きれいな別ルートがありました
この山に登るには矢筈峠登山口からのぼるべし
でも、すばらしい景色です
a0058478_1382281.jpg
天狗塚
綱附森の前にそびえています
a0058478_1310870.jpg
三嶺
天狗塚から尾根づたいに東に目をやると・・・
a0058478_13135884.jpg

綱附森の東に位置する手前白髪山の左肩先に見えるのが四国で二番目に高い徳島の剣山とその横の次郎笈
a0058478_13255345.jpg
西にうっすら遠くに見える山並みが石鎚連峰
最高の展望でした
[PR]
by noerumama | 2009-10-12 13:30 | 登山

8月2日北アルプス登山③

AM4:50日の出
”ここまできたら御来光みなくっちゃ”暗がりの中、燕岳山頂に向かいます
a0058478_10324891.jpg

日の出の後、朝日に照らされた北アルプスの山並み
左側とんがってるのが、北アルプスの象徴槍ヶ岳
いつか登ってみたいけれど
a0058478_10415969.jpg
コマクサの群生地
北燕岳まで足を伸ばすと、コマクサの大規模な群生地にお目にかかれます
一面ピンク色
a0058478_10443962.jpg

大事に保存されてますが、入ってはいけない所に足跡発見
”山のマナーは守りましょう”
今日は後、下山するだけ
下山の後安曇野有明荘で入浴 ここのお風呂最高~
時間が早かったので一人で貸しきり状態でした
さっぱりしたら、次の宿泊先へ・・・・
明日は中央アルプスの木曽駒ヶ岳登山予定してますので
箕輪町のながた荘に泊まります
スポーツ設備も充実してて、環境抜群なところに建ってます
ホテルもとてもきれいですが
何より食事がすばらしい~
食べてしまったところで  ”あ~デジカメ撮っとけばよかった~”
a0058478_11181671.jpg
真っ黒い大きな梁
民芸調の趣です
















a0058478_11203777.jpg

[PR]
by noerumama | 2008-08-06 11:05 | 登山

8月1日北アルプス登山②

早朝AM8;00中房登山口から出発です
合戦小屋
a0058478_17201288.jpg
第一ベンチから第三ベンチを経て到着

売店とご休憩場所ですね
軽食、飲み物たいていありますが
ここの名物はよ~く冷やしたスイカ
友達から”絶対食べてらっしゃい”って言われてましたので早速
あまり好きではないんですが・・・・・・?

”甘~い、おいしい~”
”スイカってこんなにおいしかったっけ???”
体が疲れてるからなんでしょうね・・・・・・うまい

燕岳標高2763メートル到着です
a0058478_17295936.jpg

AM11;00到着燕岳きれいです
まだ時間があるので、今晩宿泊する燕山荘に荷物を置いて
足を伸ばす事にしました
a0058478_17423846.jpg
左にある建物が燕山荘
そこから大天井岳まで行って来ま~す

表銀座コース
北アルプスの大パノラマを見ながら縦走して行きます
右の一番高いところが、大天井岳標高2922メートル
a0058478_182293.jpg大天荘
ここで少し遅めの昼食です
持参したアンパン食べながらしばし休憩
山頂で記念写真取ったらすぐユーターン・・・・PM5:00から夕食だと言われてましたので急がねば









a0058478_1884964.jpg
”間に合いました~”
オーナーさんの楽しいお話とアルプスホルンの演奏で、夕食はとっても楽しかったです
山小屋でこんな食事がいただけるなんてスバラシ~
おまけに生ビールも
お値段もリーズナブルでした













a0058478_18253470.jpg

[PR]
by noerumama | 2008-08-04 18:17 | 登山

7月31日北アルプス登山①

7月31日AM3:30出発
高速にAM4;00までに乗れば早朝割引がきくというのでがんばって起きました
まずは今日宿泊予定の長野県有明の中房温泉目指して
高知から800キロ近くあります
”遠い~”
主人と2馬力でがんばりました
と言っても私は、交通量の少ない所だけですが
それでも久しぶりの本州の高速道路運転に
緊張する~手に汗かいて、かぶりついて運転・・・・・・良くぞ無事に帰ってこれたもんだ みはらし食堂
a0058478_16121985.jpg
まずはお昼の腹ごしらえ・・・・当然そばです
少々不ぞろいなそばですが、つるんとした食感がのど越しいい~感じ
なんといってもつゆが好い
秋篠宮様お気に入りのお店だそうで、お写真飾ってありました
民家そのままの蕎麦屋さんですが、機会があれば是非

中房温泉
a0058478_16213573.jpg

日本の秘湯の一つで
昔ながらの湯治場と言った風情
a0058478_16253872.jpg

源泉かけ流しここが湯元
a0058478_1627479.jpg

不老泉一番気に入った内風呂です
a0058478_16301232.jpg
外の露天風呂もよかったですよ
この他にもいろんなお風呂があって、お風呂の地図を見ながらゆっくり温泉めぐりです
ぬるっとした、肌に優しいお湯でした













a0058478_164296.jpg

夕食はこんな感じ
豪華ではないですが、ひなびた温泉宿ですからこれで十分満足です

登山口はここのすぐ近くです
明日はアルプスの女王燕岳めざして
お天気祈りながら、まずは一日目
[PR]
by noerumama | 2008-08-04 16:50 | 登山

梅雨の晴れ間に・・・・

本当は泊りがけで、剣山から三嶺までの縦走計画してたんですが
梅雨入りのため、、断念
”でも今日のお天気は大丈夫そうだよ~”
日帰りコースならいけそうなので
思い立ったら吉日
a0058478_9393830.jpg

伊予富士
我が家から、登山口までは、車でおおよそ一時間半・・・・
近くで、そのうえ魅力的な山です
この笹原の縦走路はすばらしいの、一言
雲のかかってる所が、山頂になります
時間さえあれば、この当たりの山に登ってますが
この間までどしゃ崩れで、国道が寸断されて
行く事が出来ませんでした
今年最初です
a0058478_9534929.jpg
山つつじ新緑に映えてきれいです

来月には、本州の燕岳登山が待ってます
”本州の山に登りだしたら、四国の山なんて登れないよ”
って言われますが
やはり、故郷の山は格別です
[PR]
by noerumama | 2008-06-08 10:00 | 登山